投資用ワンルームマンション販売業界くらいだと思うけど、
こんな技もやらされる。

その名も「名刺交換」。

これ、やったことのない1R業界の人もいるとおもうけど、結構有名な手法です。
絶対やった方が良い。

やり方は簡単で、

1.オフィス街へ行く。
2.30代以上の金持ってそうなサラリーマンに話しかける
3.新人研修中なので名刺交換お願いします…と言う
4.名刺を貰えたら、その日のうちに営業電話をかける。のです。

どや、びっくりやろ~。
腰抜かすやろ~。

新人の名刺交換に付き合ったリーマンは超ラッキー。
その日とか翌日からいきなり電話が来るんだよ。
会社とか、携帯に。

「実は私ワンルームマンションを売ってまして~」つってな。
「今度食事でもどうですか」つってな。

で、リーマンも女の子に会いたいとか言われると、会うじゃないですか?
あるいは新卒の幼い感じの男でも、暇つぶしくらいに会ってくれる人はいるもんです。

で、サラリーマンが会いに行ってみたらびっくり。

女の子と、オールバックのいかついお兄さんが「ども、上司です」つって、
いきなり商談に入るんですよ。
もうびっくりですよ。

「お茶でも」とかいうから行ってみただけなのに、
結局ワンルームマンションの勧誘だったですよ。

これが業界ではそこそこ有名な、「名刺交換」なのです。


もちろん、リク○ートなどのたくさんの営業会社が研修で道行く人たちに名刺交換をさせてますが、
営業目的ではないことがほとんどです。

ま、私はこのやり方が大好きだったので、よくやりましたけどね。
他の集客方法を見つけてましたが。
だってせっかく名刺交換してくれた幸運な人を裏切ることはできないじゃん。


ちなみに、その「名刺交換」の楽園に選ばれがちな場所は以下の通り。

・大手町、丸の内などの東京駅近辺
・赤坂、青山一丁目などの港区近辺
・新宿
・サラリーマン向けのセミナー会場
・品川駅近辺
・他、とにかく人通りの多いオフィス街



街で見かける名刺交換

少し前から、ビジネス街を歩いていると、若い営業マン風のお兄さん、お姉さんから、
「新人研修で、名刺交換をしてください」
と声をかけられることが多くないでしょうか?
新人さんは、無駄な営業をしてカワイそうに・・・、と思う方が多いでしょう。

そこで、反対側の立場から物事を捉えてみます。
彼らはなぜ、そんなことをやっているのでしょうか?
そりゃ、当然、上司からの業務命令ですよね。誰も、やりたくてそんなことはやりません。

では、なぜ、そんな命令を下すのか?
気合と根性を育てるために、そんなことをやっているのでしょうか?
経営者の立場からしたら、絶対にそんなことはさせません。
だって、お金の無駄ですから。

名刺交換に応じた方、後から投資用ワンルームマンション買ってください!っていう営業の電話がかかってきた経験があるかと思います。
これは非常に非常に効果的なやり方だと思います。
なぜなら、名刺交換に応じてくれる方=やさしくて少し気の弱い方、だと思われるからです。

電話営業をする会社は、ひどい時は、電話帳リストの上から下まで、電話をかけさせられると聞きます。
ただ、そんなことをしても、ほとんどの場合は無駄でしょう。
なんせ、あてずっぽうもなくやってるからです。
まさに千三つの不動産屋です。

ところが、やさしくて気の弱い方をターゲットに電話をしていけば・・・、
当然、ヒットする確率は高まりますね。投資ワンルームの電話営業なんてボランティアみたいなものですからそういう人がターゲットです。

大変素晴らしい営業形態です。
でも、一つ参考になるところがあります。

商売の基本は、「名簿」です。
見込み客のリストをつくり、そこに攻撃をしかける。
江戸時代の商人は、火事のときも、まず顧客名簿を持って逃げるそうです。
商品なんか二の次だそうです。顧客リストがあれば、商売を再開できるからだそうです。


補足


683 :備えあれば憂い名無し:2010/11/14(日) 21:16:59 ID:gUQBPf1O0
先日、新橋駅近辺で若い女に「新入社員の研修で」とか何とか言って名刺交換を求められた。
薄暗い場所(高架下)だったが相手の名刺を観ると名前は手書き、会社名は“L”とある。
そこで私は「嘘言って迷惑電話掛けてくる不動産屋でしょ?そんな会社の人に個人情報を渡すと思う?」と言ったら「すいません」と言って去って行った。
入社早々サービス残業させられて可哀想とは思うが、ダメなモノはダメなのである。


株式会社Lという会社の新人さんが名刺交換をノルマにされているようで駅で一生懸命色々なサラリーマンに声をかけていた。田町駅や新橋駅で僕も名刺交換。1名のみならず複数いた。

六本木のLとかいう会社が研修と称して名刺交換をせがんでいる(品川駅)。不動産の営業でもするんだろう。
x2_5e931e1



ますやん
‏@masuyan_1975_13 3 Aug あえて実名でTweetしますが、投資マンションのデベロッパー、Aが新入社員を使って道端で「名刺交換100枚」と言って名刺交換をやってました。後で勤務先へ営業電話をするのが見え見えで、企業としての品位を疑ってしまいます。注意喚起の意味も込めてRTをお願いします。


So@EOM
‏@Siwamotooooo
Aの新入社員さん?にいきなり名刺交換を求められた。たぶん丸ビルから出てきたとこ見て、どっかの勤め人だと思ったのだろう。当然名刺なんか持ってないけど、就活生ですって言うのも癪なので、時計ちら見して急いでるアピールして立ち去ったった\(^^ )


JpK
‏@jpk0515
新宿駅近でスマホで調べものをしていたら、いきなり「Aの○○です。名刺交換させてください!」…しないだろ、普通。
調べたら出てくる出てくる。そんな営業スタイルで、割に合うのかなぁ?


名前:名無しビジネス #- | 2010/12/01(水) 06:05 | URL | No.:276728
これはマジできつい。
名刺交換のノルマ達成できないと殴られるのが当たり前w
俺は殴られなかったけどw

こっちだって無理を承知でやってるwうざいのも知ってるwでもやらなきゃだめなのが会社でしてwwww
体調不良で病院行ったら、ストレスがなんチャラで、医者に一週間は会社に行くなって言われたww

駅前で名刺交換してる俺の姿見て、「そんなことやってないで、うちの会社に来ないか?」って声かけられた時は泣きそうになったわwww
まあ、すぐに辞めて、田舎の方の不動産に入りなおしたww

前、久しぶりに都内でまだ続けてる元同僚と飲んだ。
ついに顔面にも痣ができてたww
その同僚もそのうちやめてたwww

でも、最後の方まで残ると新入社員に対して皆優しくなるw離職率の問題でやめられちゃ困るからwww

まあ、都内の売買なんてこんなもん。
金がほしい人にはどうぞって感じw学歴はあんま関係なく稼げる実力の世界なんでw



「新人研修です。名刺交換してください」と街頭で声をかけられ、
親切心で名刺を渡すと、投資用マンションの購入を勧める電話がか
かってくる。こんな新たな手口の営業が相次いでいる。深夜までし
つこい勧誘が続くケースもあり、国民生活センターで注意を呼び掛
けている。(大矢博之)

「マンションに興味はありませんか」。記者の職場に電話がかかっ
てきたのは、東京・大手町のオフィス街で「新人研修中」の男性(
24)と名刺交換をした約2週間後だった。

「あのときは助かりました。一度会ってお話をしたい」というので、
待ち合わせ場所に行くと、男性のほかに上司も同席。上司は2千万
円台の投資用マンションの勧誘を始めた。

上司は「名刺交換で企業を選ぶ。大企業や公務員でないとローンの
審査が難しい」と説明。「あなたは物件を持つ資格がある」と営業
トークに力を込めた。名刺交換した男性はほとんど話さなかった。

上司によると、30~40人と名刺交換し、アポイントに成功する
のは1、2人。さらに、契約が成立するのはこのうち1割という。
昔は飛び込み営業だったが職場のセキュリティーが厳しくなり、約
3年前からこうした営業を始めた。

名刺交換のノルマは「1日30枚」(男性)。アポイントを取れな
かった名刺は破棄するという。

JR東京駅前では女性からも声をかけられ、名刺交換した。女性は
「名刺は私が保管する。営業電話をかける場合は名刺交換の際に許
可を取る」と説明。しかし、「興味なし」と伝えていたのに約2週
間後、女性から「気が変わったかもしれないと思って」と営業の電
話がかかってきた。

国民生活センターによると、平成21年度のマンション勧誘をめぐ
る相談は過去最多の5355件。今年度はそれを上回るペースで増
加中だという。このうち名刺交換から始まる投資用マンションのト
ラブルは5、8、9月に関東地方、7月には近畿地方で起きた。

相談は「展示会で『研修で名刺を100枚集めている。協力して』
と声をかけられた。断ると『話を聞かずに断るのは失礼だ』と怒鳴
られた」(近畿、40代男性)、「名刺交換したら、上司と勤務先
に来た。夕方から深夜までマンション購入を勧められた」(神奈川
県、30代男性)など会社員からが中心。マンションのほか、自己
啓発グッズの売り込みもある。

同センターは「相談には『新人を応援しようと名刺交換した』との
声もあり、親切心につけ込んでいる」と指摘。「個人情報保護の観
点から、安易に名刺を渡すことは危険だ」と注意を促している。

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/101127/cpd1011272100006-n1.htm


「新人研修です。名刺交換を」 渡したら…迷惑勧誘
不動産購入しつこく迫る 職場に電話、訪問も
2010/9/17 11:45

 「新人研修で名刺交換をお願いしています」と路上で声をかけられ、応じた人が投資用マンションの購入などをしつこく勧誘されるトラブルが相次いでいる。電話での勧誘にとどまらず、「名刺交換のお礼」と称し、いきなり職場を訪ねてくるケースも。研修に協力しようという“親心”につけ込んだ手口で、国民生活センターは注意を呼びかけている。

 30代の男性会社員は今年5月、首都圏の駅前で「新人研修中」という営業マンに声をかけられ、名刺を交換した。すると職場に執拗(しつよう)に電話がかかってくるようになり、「名刺交換のお礼」だった内容は、徐々に投資用マンションの勧誘話に。断り切れずに2200万円で契約を結んでしまい、解約を考え消費生活センターに駆け込んだ。

 東北南部の40代の男性会社員は同月、同じように名刺交換した若いOL風の女性から、さらに「商品説明の研修に協力してほしい」との電話を受けた。会ってみると賃貸マンション経営の勧誘。断ったが「資料を返してほしい」と言われて翌日も会うと、別の男も加わってしつこく勧められたうえ、帰宅時に最寄り駅までつきまとわれた。

 こうした相談は数年前から、全国の消費生活センターに寄せられ始めた。首都圏では東京駅や新宿駅、池袋駅といったターミナル駅や、大規模なイベント会場の周辺などで、若いスーツ姿の男女が研修と称して名刺交換をもちかける姿が確認されている。

 相談事例には「電話で勧誘を断ったら『話も聞かずに断るのは失礼だ、常識がない』と怒鳴られた」(今年7月、近畿地方の40代男性会社員)、「名刺を渡した当日、上司と職場を訪問されて勧誘を受けた」(5月、首都圏の30代男性会社員)といったケースも。

 国民生活センターは「いきなり電話勧誘されるより、研修と言われて会うと冷たくしづらい。応援してあげようという気持ちを逆手に取る狙いもあるのでは」と指摘。「実際に企業研修の一環として行われている場合もあるかもしれないが、名刺は社名や電話番号など個人情報の固まりでもあるので、渡すのは慎重に」と呼びかけている。